2018/02/17
きもの文化検定の工房見学
本日は①西陣まいづる②にしき染色③井上綜絖を見学します。
織の見学なので、地元の牛首紬を着用してみた。

本日のきもの周り
絣の牛首紬(白山工房)、御所解帯(ぎをん斎藤)、絞りの羽織(横浜・じざいや)
相良刺繍の帯揚げ(京都・きもの鶴)、東雲の帯締め(伊賀・藤岡組紐店)
紅の草履(祇園・ない藤)、髪はセルフセット217.gifにサンゴの簪


西陣まいづるさん(社屋)。向かいに機場があります。


歩いてほど近くの井上綜絖さん。
綜絖(そうこう)は、織物には欠かせない糸のシステム。
織物を織るには緯糸が通る杼(ひ)道をつくるため、経糸を引き上げる必要があります。
そこで経糸と同じ本数の綜絖をつくり、さまざまな織物の組織に応じて経糸を上下させるのです。


西陣織会館の綜絖展示スペース。

生産工程
上部から下がっている通糸(つうじ)に糸を結び付け、
紋ワイヤの真ん中のリングに1本ずつ経糸を通していきます。それは2人がかりで息を合わせて!
(画像は西陣織会館のパンフより)

工程手順
①株より(竜頭より) 紋ガードの縦針1本にかかる通糸の数を決める
②目板通し 経糸の密度に応じて通糸を正しく配列する
③本付け 通糸とカタン糸をつなぐ
④経糸通し 紋ワイヤのリングに糸を1本ずつ通す
⑤ボート拵え カタン糸の輪に細長いボート板を入れる
⑥フミセひろい 等間隔の経糸を押さえるためのもの
⑦筬(おさ)通し やっと経糸を筬に通し、見慣れた織機の準備が整います。
(西陣織会館のパンフより)

ユキリコフも経糸通しにチャレンジ!
2人がかりの相手から糸を受け取り、小さなリングに糸を通します。早く受け渡されるから早く通さないと!ew_icon_s363.gif
織物には、ただ織るだけでなくその下準備も欠かせないことを知りました。

アイテムのご紹介。石川県の名産・牛首紬にも絣があるんだよ~。120亀甲。
牛首紬の糸は玉繭から作られるので独特の節がありますが、
それで絣をつくるなんて至難の業!img_124.gif


(画像は白山工房のパンフより。)
金沢市から45分ほどで霊峰白山のふもと、牛首紬の白山工房があります。
ぜひ石川県にお立ち寄りの際は工房見学をおススメしますimg_32.gif
(まわしものではありませんが)
白山工房のホームページはこちら白山工房

初卸の長羽織。大胆な絞りに胸キュンimg_5030_2765211_31[1]
羽裏にはお洒落うさ子を染めてもらいました(横浜・じざいや)
じざいやさんのブログはこちら。じざいや的日常

きものの値段は高いと言われるけど、どれだけの工程を踏んでいるのか、
流通に無駄はないのか、消費者が納得できるようになったら、分かりあえるようになったら、
もっときもの産業が活性化するのではないかな~img_128.gif
そういう意味で、きもの文化検定の工房見学は、非常に有意義だと思います。
純粋に、きものが大好きだから、もっともっと着物の魅力が伝わるといいな~と思います。
それではまた~