そろそろ良い季節かな?の絹紅梅。
お柄はむじな菊の様な、メダカ達が泳いでいるような~。
鯉の帯や、蟹の羅の帯、もちろん紗献上博多帯も、さぞステキだろうな~。
 地元の二木調整店でお手入れ済み。

透け透け~。爽やか~。

  
絹紅梅…大人の代表…私にはまだ少し背伸びしてたかな?
いつか着こなせるようになりたいです。
さっそくコーデを考えてみた。


むじな菊のようなあっさりした絹紅梅に、鯉の帯。
むじな菊のようでもあり、めだか達のようでもあり、
水の流れみたいな動きがあります。


絹紅梅に御所解帯。
絹紅梅の柄が、あまりごちゃごちゃしていないので、
帯がボリュームがあってもサッパリしている気がします。


絹紅梅に、蟹の羅の帯。
足もとはパナマ、夏の素材を満喫したコーデ。
よくみたらメダカかしら、夏やね♪と思ってもらえるかな。


絹紅梅の柄が白なので、白地の帯なら何でも合う気がしますが、
水色の様に、爽やかなお色の帯もどうでしょう?
絹紅梅に麻の帯。 

絹紅梅は、ずっとずっと憧れていて、
今年は夏着物がなくて、浴衣を着物風にしてばかりだったので、
来年はもう少し本格的な夏着物を楽しみたいです。  
それでは今日からまた一週間、頑張って行きましょう~