2015/02/20 つづき
2軒目は、鷹ヶ峰へバス移動、 
生紬で有名なしょうざんへ。
 ちょうど、春は梅が咲き始めるころだね。 (お写真NGなのでパンフより。)

生紬は「自然そのまま」という意味で、ネーミングされたんだとか。
骨董品屋さんで見つけた古裂を、復元したのが始まりだそうです。

しょうざんでは、きもの文化検定実行委員会のメンズ方が勢ぞろい
 福岡のsさん、サーファーのようなaさん、市田ひろみ先生お気に入りのmさん
 思い思いのポーズを決めて下さいました(ありがとうございます・笑

 工房見学へ。 おや? お雛様の帯とは!
ステキな着こなしの方発見

しょうざんの暖簾の前で、aさんとご一緒に。 (ありがとうございます
ほかにも一珍染めや座繰りも拝見しました

さきほどのお雛様の帯の方は、久子さんでした~。イメージ 43
紅花紬に立ち雛の帯、わんこの帯留、さすがの着こなしで
 aさん、rちゃんと梅の前で。春を感じます~

aさん、rちゃん、aさん、すみれ庵のnさんと。
 本当にお着物は定型性があるのに一人一人無限のコーデ、そこが面白いですねイメージ 44
本日は楽しい工房見学をありがとうございました~

そして、夜ごはんの前、事件は夜に起こり、
なんとrちゃんが明日のパーティのための袋帯を忘れてきたことに気づく
急遽 ややさんへお買物へ。イメージにバッチリな袋帯を無事入手(一安心~~)
そしてお食事も、ややさんのm店長にお店を紹介して頂いて、
本当に人のつながりに感謝感謝です 

明日はいよいよ、きもの文化検定1級合格祝賀会 
主人も来てくれるので嬉しいな。
記事を改めます。それではまた~イメージ 29イメージ 15