2013/04/16
先日、最終かつらリハーサルimg_15.gifに行って参りました~。
だいぶ、かつら姿も慣れたかな?
今回は、第3回花嫁道中婚・挙式時のかんざしを選びます。
1点目、ラインストーンでキラキラの簪。ew_icon_s316.gif

たくさんの簪コレクション!img_46.gif
たくさん簪があって、選べないよ~。(マリアージュ玉姫殿)
そのなかでも、美容師Tさんは的確なアドバイスをくださいます。ew_icon_s357.gif

(左)美容師さんとくにオススメの鼈甲にサンゴの簪。ew_icon_s50.gif
(右)ラインストーンの簪。ew_icon_s316.gif


白無垢の時には、べっこうに白パールが散らされた簪。
白の刺繍半襟に、懐剣にはかわらしやさんの白い摘み簪を飾るので、
甘い白無垢姿のイメージ。img_5030_3551256_30[1]


挙式後、東山の通りを花嫁道中するのは赤の色打掛。
かなり金の多い模様なので、重厚な鼈甲にサンゴの簪。しぶい。242.gif
大奥じゃ~。ew_icon_s428.gif

  
第3回の挙式のプロデュース会社はBEIGEさん。
秘蔵の、金沢伝統和傘職人、松本さんの和傘を使わせて貰います。
松本さんの傘、夢だったんだ~!img_51.gifこれまたしぶい!
(ありがとうございます!ew_icon_s357.gif

  
お色直しの振袖の小物も、花みやびさんで、再確認させてもらいました。
(何度もありがとうございます~
やはり、ブログのお友達の中で評判の良かった
からし色の懐剣・筥迫・かかえ帯セットに。(IKKO)


ピンクの振袖のときには、ピンクの摘み簪を。ew_icon_s48.gif
着付教室H先生てづくりの摘み簪(かわらしや)
後ろ姿も、しぼりかのこで飾って。

無事、リハ終了~。まるこめに戻りました♪img_5030_2020093_16[1] 
あとは、宇多須神社でリハーサル、
前日までに、自宅の結納の水引・花嫁のれん・
引き出物の叔父の焼いた九谷焼(川田稔)の搬入、
当日は、母ネイル・母の黒留袖の着付をします。img_5030_3551256_2[1] 
なんとか無事に挙式できますように…!
それではまた~