2020/01/25
金沢日仏協会の新年会へ。
夫婦で医師会のフランス語講座に通い始めたのをきっかけに、金沢日仏協会にも入会。
2度目の新年会です。

本日の着物まわり
加賀松竹の小紋(志ま亀)、縫柄入丸紋の袋帯(メルカリ)、
相良刺繍の帯揚げ(京都・きもの鶴)、東雲の帯締め(伊賀・藤岡組紐店)
髪はセルフ束髪、鼈甲にトパーズの簪、折り鶴ピアス
新年会とのことで、おめでたい松竹の模様にしてみました。

お天気が心配だったので雨コートをプラス(頂き物)、エルメスのオータクロア32

会場は、金沢しいの木迎賓館。階段の後ろには石川県を形どった漆のバック。

本日は、服飾家のフランソワーズモレシャンさんのトーク。立食でワインを頂きます。

一年ぶりに再会したフランソワーズモレシャンさんから、
「まあ、素晴らしいコーディネート!お揃いなのですか?」と何故か大変ベタボメされてしまった・汗
(ありがとうございます~・汗)

モレシャンさん曰く「フランス人は、日本に来て、きもの姿の方をたくさん見られると思っているのですが、
実際はあまりきものを着ている人がいなくて、がっかりなのです。
だから、きもの姿の人がいるととても嬉しい!」のだそうな。
ちなみにモレシャンさんの装いは、日本の布とディオールのジャケットのアレンジだそうです。
セルフィー、ありがとうございました!

さて、立食でまだお腹が空いていたので、二次会にひがし茶屋街の「りょうもん」へ。

 
   
ひがし茶屋街は、北陸新幹線開通後、とても騒がしくなってしまい、
りょうもんにもなかなか来ることができませんでした。
今日は落ち着いてやっと来れた~~。
お気に入りの牛テールシチュー。
(いつもありがとう)

アイテムのご紹介。
モレシャンさんにも「お揃い?」と尋ねられたほど、たしかに色合いが良く合ってると思うきものと帯。
志ま亀のお着物には、志ま亀の帯が良く合うと言われていますが、
他の帯もいろいろトライアンドエラーして、コーデの可能性を開発したいです。

帯は実は作り帯。
最近、きものの可能性を広げたくて、作り帯も、ゴムベルトも、袴もスカートも、色々チャレンジしてみたいです。
せっかく大学院に通っているので、がんじがらめで難しい!と思われないように、
色々チャレンジして、敷居を下げて、「きものも簡単だよ」と誘導(?・悪魔のささやき??)したいです。
もっと、きもの好きが増えますように!それではまた~~。