2015/02/17 
奈良先生のところへ御茶のお稽古へ
先日のお稽古では、頂き物で裄の短い大島紬で大失敗したので、
本日はお茶のお稽古らしい色無地を。
せっかくお着物を着るならば、きちんと着たいものです。  
 (理想と現実・汗


  本日の着物まわり
色無地(久保田一竹)、唐織九寸帯(金沢・まるとし)
蝶蝶輪出し帯揚げ(京都・ゑり萬)、喜怒哀楽の帯締め(伊賀・藤岡組紐店)
髪はおなじみセルフ夜会巻き。 
髪型のパターンが割と固まってきちゃったから、もっと冒険してみたい
(←どこまで冒険すんの??)


雨やら雪やら降る金沢、外出には雨コートをプラス。(金沢・絹千)
北陸では雨コートの出番が多いので、 良い物を作っておいた方が、結局はお買い得です
というわけで、いずれ加賀友禅の雨コートがあったらな~
(結局オチはそこ?汗


お茶は薄茶手前を習っています。が、お客さん役のお稽古は大概、濃茶・汗
お茶の先生レベルの方々が奈良先生の所に通われているので、
濃茶のお稽古が多いのです。 
そして宅練では茶室がないので、せめて盆略、
上生はおなじみ森八さんの福寿草など。
金沢には上生を扱う和菓子屋さんが多いです


本日のお昼は大学の研究室へ。三寒四温でみぞれの降る大学
急いで着替えてお稽古に行きました。 


夜はゆっくり、おうちで寿司シャン。 
お寿司には金箔がかかっているのが金沢らしいね。
金沢は、何気ないご近所でも、伝統工芸文化や職人の技が普通にあります。
本日は グロンニェ・シャンパーニュ2000。
ミレニアムで泡は控えめ、旨みは十分
いつもセレクトありがとう。 


 アイテムのご紹介
久保田一竹の色無地は、厚めの金通し地が華やか。
下前にだけ刺繍で辻が花模様がありますが、
辻が花訪問着とかすごいんだろうな~


帯締めには喜怒哀楽の顔模様、おもしろくて一目で気に入りました。
藤岡組紐店のアイデアには、いつも驚かされます


帯揚げは輪出し、帯締めは赤なので、足もとも赤に。
芸妓さんチック?(祇園・ない藤)
さて、 ちょうど大学受験はひとだんらく、後は高校受験直前
早くみんなの所に春が訪れますように。精いっぱい応援したいです。
それではまた~。