山崎世紀先生の「春の淡雪」紬訪問着ができた~!
いやはや、入手してから6年ぶりでしょうか、やっと仕立てた!
茜染めの蛍のような雪のチラチラのような、切ない感じ。img_51.gif


地元の仕立師さんに八掛の色はおまかせしたら、雪解けのような優しいお色!
お袖は1尺6寸の長めにしてもらいました。

裾になるほど淡雪が降り積もるイメージ


山崎世紀先生からのお礼のお品、上等な紬の小風呂敷、利休バックもできそうかも!
 それではまた~。