夏が近づくと派手目なアンティーク着物が気になります。
が、袖丈が長い。初めは切ってしまおうと思っていたのですが、
長い袖もなかなか可愛らしく、断念。
とすると、襦袢を変えるしかありません。
そこで、「うそつき」袖にして、いろいろ長さを変えた袖を作ってみよう!
と、おはりこすることにしました。

解く前の襦袢本体。
ポリエステルの絽襦袢です。

きゃー!外してしまった!!
しかし、一本の糸を外しただけですぐ外れた。
こんなにシンプルなものだったのか。

本体につける力布。帯地のはぎれがあったので、これを使用。
カットしたらほつれると嫌なので、周りをまつり縫いしました。
ちょっと面倒だった。
他にいい力布がないかなと思った。

   力布を本体につけた様子。

そのアップ。この力布に袖をつけます。
マジックテープか、スナップか、ザクザク縫うか…、両面テープで止めるのもいいかも。

とりあえず、単袖を作ってみました。
コート裏に使用した襦袢地の余り布があったので。
ここまでの作業で、徹夜状態になりました。
(脳裏に、母さんが夜なべして~が浮かぶ)
絶対に休日前にすべきことだと反省。

 よーし、次は夏に向けてシルックの絽反物を購入して、
いろいろ長さの違う袖を作ってみようーっと。

続編
やっと手に入れた!絽襦袢反!
シルック(3900円)にしようか迷ったけど、
奮発して洗える正絹(7990円)にしちゃった!
ヤフオクです。
はやく縫わないと、せっかくの着物が着られないよー。
  
   
洗える正絹、4%程度の伸縮があるらしい。
ので、数センチ長めに仕立てます。
袖丈76.5センチの着物だから、
縮むことを考えて79センチくらい?
算数苦手?やけにアバウト。

着物の袖が丸いので、襦袢も折り曲げました。
つばさを丸め込んでます。これで、安定感も抜群!だと思う。
↑つばさ(きもの市場609円、安)

あ、半襟なんですが、お恥ずかしい話、両面テープで付けてます。
その下には白半襟が縫いつけられていて、衿芯を入れています。
少しゴロゴロするのが難だけど、
気分しだいで楽々に交換できるのがメリット。
ぺりっと剥がせば白半襟になるし。

着用した図。
振りからみえる白い襦袢、爽やか~!
すこしダボついてるけど、洗ったら丁度になるでしょう。

わーい、素敵。
次は60センチサイズで作るぞー!