冬・寒くなって、学校に遅くまで残るのがつらくなってきました。
帰巣本能がバリバリ働いています。
弱気なことに、もう帰宅してきました。

家だと、ネットやお着物に囲まれて、つい集中力がきれてしまう…、
いや!水曜提出のレポートを作成せねば…。
けど、あとちょっとブログさせて…。

…えっと、つい気になることなのですが、
衝動買いしたものの、仕立て代までは捻出できず、眠っている着物があります。
ひとつはこちらの牛首です。
今年こそ!仕立ててもらいます!

一度は金銭的な都合から、ヤフオクで手放そうとしたのですが、
ウォッチリストもたくさんいただいたのですが入札・落札されることなく、
いまだ縁あって私の手元にあるこの牛首紬…。

いままで気後れしていたのはなぜかというと…柄が難しいんですよね~

木賊(とくさ)
物を砥ぎ磨くのに用いられる常緑シダ植物。
今でも庭に観賞用として植えられる生命強のある草。
渓流沿いの林下などに自生。
能楽、謡曲、日本古来の色の名称にまでなるほど、
日本文化の中に定着している植物。

ということは、一年中OKな柄なんだ!
けど、所々折れているのもあるので、何か少し寂しい感じがして、秋冬によさそう。
なのに、八掛がない!どんな八掛にしよう…

等々、悩んでいたら、しばらく放置状態が続いておりました。

でも、明るいきざし!
ヤフオクに可愛らしい柄八掛が安価にあるじゃないですか!
ついでに念願のうさぎ紋もいれてもらいます!
桜の代わりにお月様とお星様を…
ネッツヤマタケさんにお願いします。

木賊とうさぎと星とお月様…!
円山応挙きどりです!
http://www.spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/collection/item/J_261_1055_J.html

追記
ヤフオクで手に入れた柄八掛が届きました!
鱗模様で淡い色合いなのが気に入りました。
今回のカスタマイズ、上手くいくのか…どきどきです。