2015/01/24

奈良宗久先生の社中の初釜へ
久しぶりのお茶会イメージ 111
所作を忘れてしまって恥ずかしい~~
教本で復習して出かけます。

本日の着物まわり
おぼろ絞りの訪問着(金沢・絹千)、蝶蝶窠紋の袋帯(喜多川平朗)
七宝刺繍半襟(祇園・ゑり萬)、白ラメ絞り帯揚げ(金沢・絹千)
さざなみの帯締め(伊賀・藤岡組紐店)、髪はこんもりセルフセット

良かった点
割とお太鼓のたれと柄があっている
反省点
帯お腹周りに折りたたみ皺がくっきり
もう少しテンション高めに巻いてみよう。 

お茶のお稽古ではお写真を撮るなんてできないので
先生が昨年シリーズでNHK趣味Do楽に出演されたときの様子を。
金沢で有名な茶器・10代目大樋長左衛門の次男さんです。

本日の初釜でお見受けしたように思われる千家十職の永樂家、
未年なので白いお道具にされたそうです。
お菓子は森八さんの花びら餅。奈良先生が宮中でお聞きになった話では、
宮中では巨大な花びら餅で、外側のお餅をのぞいて内側のお餅を召しあがるそうです。
巨大なので食べきれないので、外側はお雑煮などにするそうな
炉枠は前田家ゆかりのお品で襲菊イメージ 40の焼き物の飾り、
3点のうち、1点は美術館にあるそうなイメージ 43。 

社中には、金沢東山茶屋街の芸妓さん達もお稽古に来ています。
皆さんさすがのヘアセット。やはり輪出しの帯揚げが色っぽい
春色プッチのスカーフを首にたまごいろのコートが春らしくてステキステキ~~イメージ 62
お写真ありがとうございました~

森八さんの上生で家で宅練、まずは袱紗を畳む復習から。
上生は寒椿・栗薯蕷、九谷焼作家の伯父・川田稔の絵皿に盛りつけて
記念品は、未の大樋干支酒杯
職人技と伝統工芸の町・金沢、本当にありがたいことに、
素晴らしい逸品に囲まれているのですが、あとは己がついていけるようにしなければ・恥
少しずつ鍛錬したいです。


 
 
 

 

アイテムのご紹介。初釜ということで、
華やかにおぼろ絞りの訪問着。
格調高くしたかったので、
喜多川平朗の袋帯にしてみました。


蝶蝶の窠紋の袋帯。
蝶蝶は好みがあるとおもいますが、まるで舞を舞っている感じがしてお気に入りモチーフイメージ 32
日舞もしっかり鍛錬したいです
さざなみの伊賀組紐は藤岡組紐店。かれこれ10年ほどのお付き合い、
こちらのさざなみはお気に入りすぎて摺りきれないか心配です

 

干支つながりで、
お草履の鼻緒も干支もよう(銀座・やまと屋)
今年は羊
美しいという字も羊が入っているし、
お着物で美しく装うことで、
金沢流のおもてなしをしたいですイメージ 25

 

 

 

 


蝶蝶つながりで、古袱紗も蝶蝶イメージ 32
新春なので、ぎをん齋藤さんの桜道明寺の数寄屋袋にしてみました。
裏地が朱赤なのがお気に入り。

さて、自分は昨日、また大人の階段をひとつ登ってしまいました
周りの方に配慮できる大人の女性になりたいです。
夜はお誕生会イメージ 19、記事を改めます。
それではまた~イメージ 29イメージ 15