2020/01/08
袴で大学院へ。今年はもっとお着物を着て通学で着るよう頑張りたい!
入学当初もそう思っていたのに、なぜあまり着ないのか?
理由①:毎回テスト勉強が追いついていないので、着付に時間がかかると焦る。
理由②:奥様みたいで浮く。
対策①:着付が簡単にできるように、半襦袢や作り帯も気になります。
②:浮かないように、学校らしく袴をチョイスしてみました。

本日の着物まわり
ウールの着物(頂き物)、ボルドーの袴(難ありの激安)
黒い半幅帯(頂き物)、ヌバックのベルト(楽天)を袴の上からぐるりと巻いて。
足元は靴下にパンプス。
できるだけプチプラで、威圧しないように心がけました。


ユキリコフが購入した難ありの袴、2500円ほど。
良く見ると染めとびがありますが、良く見ないと分からない。

外出には長羽織をプラス。羽織紐がマルチパールなのでやはり何だかイカツクなってしまった感が・汗
金沢はいきなり雨が降ることも多いので、もっとカジュアルなアウターがあると良いな。


学校での評判は、
①「Ohh~~, Korean style??(タイ人男子留学生)」
②「大正ロマンですか?(女性教員)」
③「気合入っていますね。では発言してください。(男性教授)
④「お正月はもう終わっとるぞ?(社会人学生60代社長)

金沢大学は山の中にあるので、お天気も乱れやすい。
晴れていても、いきなり雨が降るので侮れない・恐!
帰宅時には大雨で、④さんのコートをお借りして被って駐車場まで走りました。
(ありがとうございます~~・汗)
雨に強くてカジュアルな羽織がないかな??


お友達の留学生が卒業式に袴を着たい!というので、2パターンコーデしてみました。
アンティーク井桁小紋にボルドーの袴

稲垣さんの小紋に刺繍入りグリーン袴。
でも、せっかくの卒業式なら、2尺袖の袖の長いお着物が良いよね。
ということで、もう少しコーデを吟味します。
ちなみに御礼をしてくれるそうなので、ユキリコフが欲しい着物アイテムを買ってもらいます。
(へんてこだけど、きもの産業の経済は回ってる??)


ところで、2020年のお正月、論文も書かずにず~~~~~っとスマホを見てました・病気。
それで、ヒメノルミさん推しの、#袴じゃない を見つけた!
何て斬新で、何て自由で、可愛いんでしょう!着付けも楽そう!!
(お写真は、インスタで #袴じゃない と検索した画面)


その中でも、ICHIROYAさんのインスタの#袴じゃない がエレガントで気に入りました。
プリーツスカートが良さそうなのね、ふむふむ。


で、早速楽天でポチした・汗。多分、最安値。
身丈は90センチのロングタイプにしました。


で、おそらくICHIROYAさんのコーデのものと同じかと思われるベルトを発見!
単なる合皮スエードではなく、本革のヌバックなのが気に入りました。


それで、コーデしてみた図。
しかし、実際着て行けるかしら・ちょっとドキドキ。
もう少し周りで流行ったら着てみようかな??と案外(?)保守的なユキリコフ。
いやはや、着物をまずはファッションとして着る流れって素晴らしいと思っています。
もしかしたら、私たちが守ろうとしている「伝統」が、
きもの文化の発展の未来の足かせになっているのかも?
なんて考える冬休みでした。
それではまた~~。